ホワイトニング・審美歯科

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは?

健康な歯を削らずに歯を白くする方法、それがホワイトニングです。
歯はもともと真っ白ではなく、わずかに黄ばんだ色をしていて、それをより白くする治療方法です。
主にホワイトニングには、2種類あります。

歯科医院内のみで行うオフィスホワイトニング

歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って専用機器により特殊な光を当て漂白する方法

主に家庭で専用トレーとホワイトニング剤を使って行うホームホワイトニング

個人の歯に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法
またこれら2つを併用することもあります。

近年日本でもホワイトニングを行うための薬剤が厚生労働省で認可されたため、ポピュラーな美容用語として「ホワイトニング」が浸透し始めています。
当医院ではオフィスホワイトニングを一度診けていただき、問題ないことを確認してからのホームホワイトニングを推奨しております。

ホワイトニング治療の進め方

STEP1 説明

注意事項などの説明を受けます。

STEP2 確認

口腔全体の診査と適応症についての確認を受けます。

STEP3 歯面清掃

歯科医師又は歯科衛生士により、前処置としての機械的歯面清掃が行われます。

STEP4 診査

歯の診査を行います。

STEP5 印象採得

あなたの印象採得(歯型をとること)を行います。 この印象を用いて「ホワイトニングジェルTION(ティオン)」のジェルを歯の面に保持するためにホームホワイトニング専用のマウストレーを作製してもらいます。

STEP6 オフィスホワイトニング

歯科医院にてホワイトニングを行います。

STEP7 「ホワイトニングジェルTION(ティオン)」を装着

あとは「ホワイトニングジェルTION(ティオン)」をマウストレーに注入し、装着するだけです。 試適を行って歯科医師によって決められた必要以上は使用しないようにしてください。

STEP8 ホワイトニング

ホワイトニングは1日2時間以内で、期間は2週間以内となるようにしてください。マウストレーは使用後洗浄し清潔に保管するようにしてください。

審美歯科とは?

審美歯科とは?

「審美歯科」という用語は、「審美性を追及する歯科治療」という広い意味で使われています。その中でも見た目の美しさを追求した詰め物やかぶせ物、差し歯などは日々さまざまな材質による新しい商品が開発されています。
保険適用範囲の銀歯やレジンなどが一般的ですが、審美性はもちろんのこと、劣化などによる長期的な治療費を計算した上でオールセラミックやジルコニアなど長持ちする材質を選択する患者様が増えています。
おそらくみなさんのご想像よりも選択肢が広く、ご予算に合わせて様々な方法がとれる審美的歯科治療です。

クラウン(単冠)とインレーの違い

クラウン

一般には歯の「かぶせ物」として知られており、単冠とも呼ばれます。歯の欠損した部分を補修仕切れない場合、歯全体を冠として覆い、1歯全体を補います。

インレー

一般には歯の「詰め物」として知られています。虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰め、治療を終了します。

詰め物かぶせ物の種類

保険適用の材質

レジン樹脂(コンポジットレジン)
一般には歯の「小さな範囲の白いつめ物」として知られております。歯の欠損した部分を補修仕切れない場合、歯全体を冠として覆い、1歯全体を補います。

銀歯
いわゆる「銀歯」です。噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることもあります。また、金属アレルギーになってしまうこともあります。

自費系の材質

ジルコニア、オールセラミックス、メタルボンド、ハイブリッドセラミックス、金歯他様々な材質があります。保険適用の材質に比べ人体に影響が少なく、審美的にも優れており、生涯治療費は保険材質に比べると安くなるケースが多いです。